創業補助金

hozyokin11
hozyokinn

上記のようなことを考えられている方は是非無料診断をご活用ください!

 

創業補助金とは?

「創業補助金」とは、創業事業の経費等の金額の2/3(上限200万円)を国が補助してくれるという補助金です。
補助金申請には、時間と手間がかかります。

ご興味のある企業様は、お早めにご連絡ください。

hozyokatusaekihozyo

 

補助金等、創業時の資金調達支援は当社まで!

従来まで創業促進補助金の申請は、国が認定する「経営革新等支援機関」の支援を受けることが必須とされておりました。
※2016年度の公募では必須要件ではありませんでした

「経営革新等支援機関」とは、専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上として、中小企業庁から認定を受けた専門家のことです。

当事務所は「経営革新等支援機関」に認定を受けている事務所ですので、創業促進補助金について最新情報を知りたい方、資金調達にお悩みの方は、ぜひ一度当事務所にご相談ください。

 

サポート費用

着手金5万+受給額の10~20%
※着手金は成功報酬より充当致します

当事務所では、ご相談者様からお伺いした情報やいただいた資料については、税理士の守秘義務により秘密厳守いたしますのでご安心ください。

 

小規模事業者持続化補助金申請サポート

小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者が、商工会・商工会議所と一体となって、販路開拓に取り組む費用(チラシ作成費用や商談会参加のための運賃など)に対して補助金が受けられる制度です。

複数の事業者が連携した共同事業も支援対象に入り、事業者数に応じて補助上限額が引き上げられます。
また、雇用の増加や従業員の処遇改善の取り組みや、移動販売などによる買い物弱者対策に取り組む事業について重点的な支援が受けられます。

補助率:補助対象経費の3分の2
補助上限額
①50万円
②100万円(雇用増加、処遇改善、買い物弱者対策)
③500万円(連携する小規模事業者数による)

補助対象者: 製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む会社及び個人事業主であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者

 

当事務所も採択されました!

小規模持続化補助金掲載記事(記事)当事務所で昨年度申請をし、補助金を活用させて頂きました。補助金申請の計画書作成等、実際に採択された経験を活かし、サポートをさせて頂きます。小規模事業者持続化補助金申請についてお知りになりたい方、ぜひ、一度ご連絡ください。 小規模持続化補助金掲載記事(記事)

>>掲載記事の詳細はコチラ

サポート費用

着手金5万+受給額の10~20%
※着手金は成功報酬より充当致します

当事務所では、ご相談者様からお伺いした情報やいただいた資料については、税理士の守秘義務により秘密厳守いたしますのでご安心ください。


経理のお悩み無料相談受付中! 0120-377-817 受付 9:00~17:00 土日祝も対応可